セフレ掲示板

子供が産まれて1ヶ月間、嫁が里帰りをするため俺は1人で独身生活を味わっています。もちろん休みの日は嫁の実家に来て子供のお世話をしているけれど、嫁の実家に行った後俺は実家へ帰りました。その時、若い頃行っていた喫茶店で休んでいると見覚えのある人がいました。その人も俺に気づくと、なんとセフレ掲示板を利用していた時に知り合った真理亜がいました。当時、彼女がいてもめちゃくちゃ浮気をしていた俺はセフレ掲示板を頻繁に利用していました。しかし、今の嫁と結婚してからは一切連絡を断ち切っていたのですごく懐かしかったです。
センズリ鑑賞
その後一緒にコーヒー飲みながら今何しているのかと色々話しました。彼女も結婚をしていて、旦那さんが出張でしばらく帰らないと聞きました。「だから今はやりたい放題だよ。」と、いう彼女。俺と変わらないじゃんと伝えると彼女の口から「久々にやる。」と、言ってくれました。妊娠中全く出来なかったし、やっても良いかなと思った俺は2人で当時よく利用していたホテルで楽しみました。久しぶりというせいか、何度もなんども楽しみ次第に実家に帰った時間が深夜を迎えていました。そして、またやろうと彼女の口から言ってくれたのでまた会う約束をしました。セフレ掲示板はもう辞めたのに、こんな再会があって良かったなと思った俺。その後、嫁と子供が帰宅をしてまだ子育てに慣れてないこともあって嫁はピリピリして俺に強く当たっていましたが、その分セフレに癒してもらっていたのでよかったなと思いました。
セフレの作り方
セフレ掲示板

乳首開発

 24歳、キモメン非モテの俺が、ちょいS女子に乳首開発された話をしようと思いますよ。
まっ、キモメンというだけで、だいたいどんな生活を送っているかって分かってもらえると思うんです。
モテませんね。
女の子と仲良くすることができませんね。
正直、拒否られることが100%です。
彼女作ったことですか?あるわけありません。
童貞なのか?
これはNOです。
風俗で童貞卒業しました。
でもそれだけ!
風俗って高額だから、ぶっちゃけ通うのは難しい。
こんな俺、思わぬ展開でセフレを手にしたんです。

 意味なくエロチャットに興じていた時のことなんです。
俺と話してくれたのが、20歳の女子大生菜摘ちゃん。
「ねぇ、乳首開発とか興味ない?」って言われちゃってたまげました。
「乳首って、女しか感じないんじゃない?」
「それ、大きな間違い。男だって感じるよ。開発次第ね!」
「乳首開発の経験あるの?」
「前彼の乳首開発して、最終的にはアクメ感じるようになったよ」
「ガチ?」
「ガチだよ!興味あるなら、やってあげる」
一も二もなく、賛同してしまいました。
乳首イキ

 菜摘は可愛い顔なんだけど、気が強そう。
Sな雰囲気がプンプン漂って言っちゃって、それでいてスタイルもいいから、やたらそそられるタイプ。
素人童貞だから、めっちゃ緊張しちゃったりして。
「それじゃ、乳首開発してあげるからさ」と、そそくさと裸にされちゃって、正直フル勃起。
彼女、爪を立てながら乳首を優しく刺激してきちゃって、これが何ともいえない不思議な気分でした。
「顔は汚いけど、乳首は綺麗だね」と、余計な事を言いながらも、菜摘ちゃんは乳首開発に専念。
時より指でつまんだり、引っ張ってみたり、爪を立てて擦ってみたり、これを継続することで不思議な興奮を覚えてしまっていたんです。
さらにペロペロと舐めてくる。
「鼻息荒いけど、感じちゃってるんじゃないの?」
「なんか、ヤバイ気分」
「もしかしたら、時間かければドライオーガズムになるかもね」
言うやいなや、乳首をしゃぶりながら肉棒をシコシコ。
素人にやってもらったことがない俺、この乳首舐めと手コキで、あっという間に射精させられてしまいました。

 菜摘との関係ですか?
なんだかんだで、引き続きやってもらっちゃってて、確かに以前より乳首敏感になっているんです。
もしかして本当に、逝く瞬間迎えられるんじゃないか?って思ってます。
クリオナニー
乳首オナニー