愛人募集

愛人募集をしてみたけど、正直見つかると思ってなかった。
でも、掲示板に愛人募集と書いてみたら、一通だけ返事が来て、その女の子と会ってみたんだ。
待ち合わせ場所には清楚な女の子が立っていた。
俺は彼女に「愛人募集で返事くれた子?」と尋ねると、こくりと頷いた。
彼女は酷い男に振られた挙句、借金の形に売られそうになって、逃げ出してきたらしい。
お金も必要だし、今は誠実なお付き合いというのができそうにないので愛人募集に応募してみたとのことだった。
彼女は清楚な見た目とは裏腹に会うなり、「愛人募集でしょ? だったらさっそくホテルに行きませんか?」と言ってきた。
俺は驚いたが、断る理由もないので、彼女を連れてホテルに言った。
彼女は「愛人契約のセックスって面接みたいなもんですよね」なんて言っていた。
そこまで割り切られるのもどうかと思ったが、セックスまでに面倒な手順を踏むよりはずっといい。
俺が彼女の服を脱がそうとすると、彼女はその手を制止して「私にやらせてください」と言った。
彼女は俺をベッドに座らせると、自分は前に立ち、一枚一枚洋服を脱いでいった。
パパ募集をして見つけた3人のお金くれる人から合計20万円超の副収入
その姿がすごく官能的で俺はそれだけでビンビンになっていた。
彼女は裸になって、俺の前にしゃがみこむと、俺のズボンを開けて、チンコを取り出し口に含んだ。
彼女は俺の足におっぱいを押し付けてながら、ズボンを脱がしてきたので、足におっぱいの感触がダイレクトに伝わりさらに興奮する。
ペロペロとチンコをなめる彼女に我慢ができなくて、俺は床にしゃがみこんでいる彼女を投げるようにベッドに押し倒し、マンコをぐちゃぐちゃとかき混ぜた。
べちゃべちゃのマンコに俺のチンコを突っ込むと、彼女の身体が俺を離さないように全身でしがみついてきた。
締め付けが強いせいか、俺は直ぐにいってしまった。
「愛人契約してくれますよね?」
そう尋ねてくる彼女に、俺はイエス以外の答えを持ち合わせてなかった。
童貞卒業
筆下し