35歳家事手伝い女性の出会いがない話

ずっと女子校だったせいなのか、男性と気軽に話しが出来ませんでした。
大学時代も社会に出てからも、ほとんど友だち程度の関係で、良い出会いに恵まれませんでした。

一時期は自分はつまらない女なのだと、落ち込んだりしました。なにせ男性と一対一で話したことがないのです。
職場も女ばかりで出合いがありません。

そのうち20代が過ぎ、30代になり、とうとう35歳になってしまいました。
さすがに焦り始めていました。どうにかして出合いたい、素敵な恋がしてみたいと切実に思うようになっていました。

そんなとき「出会い系サイト」を知りました。始めは抵抗があったことは確かです。
見知らぬ人といきなり会うなんて、私に出来るだろうか? そんな不安です。
とはいえ、行動してみないことにはこの現状から脱出することは無理でした。

始めは話をするだけでいいと、何人かの方と他愛ない会話を楽しんでいました。
そのうち、会話で自分と気の合う人か、そうでないか、わかるようになりました。
何回か話せば、相手の雰囲気が掴めてくるんです。

それに出会い系サイトに来られる相手の方も、真剣にパートナーを探していることがわかりました。
つまりどんな人も、出会いがないという悩みを持って、このサイトへ参加してきているのでした。

私はとりあえず恋の体験がしたかったので、結婚のことまでは考えているわけではありませんでした。
なぜなら私には一生の仕事があるので、男性にそこまで求めているわけでもないのです。

そこで、気の合いそうな方と実際会ってみました。始めてお目にかかったとは思えないほど意気投合しました。

異性と手をつないで歩くのが夢でしたから、まるで舞い上がるような気分でした。
こうして男性と二人きり、お茶を飲んだり、公園を散歩している自分がとても誇らしかったです。

そんな気分をこのまま終わらせたくないと、私の気持ちは決まっていました。
相手の方も同じ気持ちだったようで、自然と私たちは会ったその日に恋人同士になりました。

今、こうなって時間は関係ないのだと実感しています。縁があれば男女というのはあっという間に結びつくものです。
出会いがないわけではなく、自分から出会いを作るのだとも思いました。この先はどうなるかわかりませんが、今はとても幸せな私です。